台風被害を忘れないために!瓦チップの活用

管理人のブログ

おはようございます!

房総半島最南端

海を感じるキャンプ場

Ocean’s

管理人のヨネです

 

今日も不安定な天気です。

もう少しで来る夏が待ち遠しくて

たまりません!!

 

さて、今日はちょっと真面目なお話です

先日知り合いの方から情報をもらい

白浜のお隣の地区『布良(めら)』に行ってきました

 

布良といえば昨年の台風15号にて

当施設と同じく甚大な被害を受けた地域です。

漁師町なので道もところ狭しで

現在でもまだまだブルーシートの残る地域です

 

そんな布良地区の台風被害を

風化させたくない!という想いで

ボランティア活動をされている

地元出身の先輩の元へいってきました

 

現在は台風被害で破損した屋根の瓦を

小型の粉砕機を借りて細かく砕き

配布する活動をしていました。

 

瓦は細かく砕かないと廃棄物投棄

とみなされてしまうようで

2度くらい粉砕機に通して

細かくしていました

 

このとてつもなく

ストーリーの詰まった瓦チップを

どうやって使おうか・・・・

どうやって来たお客さんにみてもらおうか・・・

まだまだ悩んでいますが

できるだけみんなが触れれるところに

使っていきたいな

と思っています

 

 

暑い中

瓦チップ作り

本当にご苦労様です!

地元おこしの大先輩

いつもありがとうございます

 

しっかりと使わせていただきます!

 

『団体からのメッセージ』

・・・・・・ 2019年9月の台風で被災した家屋の瓦で作った砂利です。台風で痛めつけられ、コロナで元気を削がれた 「安房」ですが、災害を忘れず、みんなで力を合わせて元気になろう!地域の活力を取り戻そう!という思いをこめて配布します。瓦の破砕には、長野県の株会社亀山様のテコラクラッシャーをレンタル。さあ!ブルーシートで覆われた安房を〝赤るい”安房へ。

#ブルーから赤るい安房へ #復興安房 #おせっ会 #テコラ

 

 

以上

房総半島最南端

海を感じるキャンプ場

Ocean’s

真面目ブログでした!

 

タイトルとURLをコピーしました